<< 20161106本八幡ルート14、1107渋谷ラママありがとうございました | main | 20161216Lonely Planet Boysワンマンライブ詳細 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

Lonely Stranger

Lonely Stranger

 

 

旅をしているよ

君を忘れるため

君のことをいつまでも

好きでいても戻れないから

 

遠くの国の

知らない人たちが

僕に優しさくれたり

時には騙そうとするんだ

 

思い返せば

君との生活は

悲しいこともあったけど

それ以上の笑顔があった

 

どちらにしても

愛し合うために

とても大事なことだと

そんな訳にはいかなかったの

 

 

I’m a lonely stranger

I’m a lonely stranger

灼熱の陽射しの中独り歩く

スカートの男が僕を笑っている

人気のないプラットホームで水を売る幼い姉弟から

僕はその水さえ買ってやれなくて

僕はその水さえ買ってやれなくて

 

 

小雨の中を君が傘も差さないで

僕を待っているから愛しくさせるだろう

僕に残されている優しさなんてきっと

たかが知れているけれどそれを全部あげるよ

 

 

I’m a lonely stranger

I’m a lonely stranger

当てもなく乗り込む古びた列車の

窓枠の落書き愛を誓っている

辿り着いたところは名も無き兵士が静かに眠る場所で

子供たち無邪気にそこで遊んでいる

それは背中に翼のある天使さ

 

 

泣いている少女

君はどんな家に

どんな人たちと

暮らしているのかな

 

窓辺に映る

景色の向こう側は

とても素敵な世界が

拡がっているから

THE EMERALDS * lyrics * 23:09 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:09 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ